「フルーツバスケット」のアニメも2nd season の2クール目に突入。

結末に向かって大詰めを迎えます。

 

「フルーツバスケット」の結末が気になる!気になる!でもあれ?どうだったっけ???

そんなあなたにネタバレありのあらすじをお伝えします。

 

りんりん

ネタバレ嫌な人はこの先読まないでくださいね

 

この記事は「フルーツバスケット|アニメの結末は?原作からネタバレであらすじ紹介」と題してご紹介していきます。

Sponsored Links

「フルーツバスケット」アニメの結末は?

ズバリ!ハッピーエンドです。

 

原作マンガでは最後にはハッピーエンドになります。

 

ドロドロしていたしがらみや呪いがクリアになります。

呪いが解けて、それぞれのキャラが自分の新しい生き方を見つけ前に進んでいきます。

 

呪いはキャラひとりひとりで時間がずれて解けていきます。

順番もバラバラ・・・それを感じる方法もバラバラ・・・。

 

キャラのひとりひとりが呪いがとけたときに、喜びと同時に戸惑いや寂しさを感じています。

それは、今までしばられてきた呪いの過酷さが大きかったからだと思います。

 

自分だけが呪いから解放されたことで、呪いでつながっていた仲間と絆がきれたような気持ちも浮かんできたのではないでしょうか?

 

そこまでの流れが感動すぎて涙なしでは見られないです。

マンガでの流れとアニメでは少し違うのかもしれませんが、新アニメのストーリーはかなり原作に忠実に表現されているので、映像も楽しみです。

「フルーツバスケット」アニメの結末につながるあらすじをPV映像に沿って紹介!

「フルーツバスケット 2nd season」の2クール目に先だってPV動画が発表されました。

動画を見ながら原作でのどのシーンの映像なのかを少しだけご紹介します。

これまでのあらすじ概略(以前のPVにて)

十二支の呪いを受けた草摩家の人々。

それは異性に抱きついたり、身体が弱ったときに十二支の干支にちなんだ動物に変身してしまうというものです。

 

その呪いのせいで愛する家族、両親、友達、恋人、などの関係が壊れたり、辛い思い出だけを抱えて生きたり、いくつもの別れを経験しています。

 

そこへ現れたのが主人公本田透(ほんだとおる)。

 

彼女は縁あって草摩家の家に居候して、草摩の人々の秘密を知りながら関わっていきます。

その純粋さに触れながら草摩のもののけ憑きの人々の心もなごみ、生き方も変わっていくのです。

 

本田透は、呪いに縛られた草摩家の人々の生き方に心を傷め、深く関わっていくことで心の底から「呪いを解きたい」と思うようになります。

最新PV動画の映像に見るあらすじ

「フルーツバスケット 2nd season」の2クール目直前に発表されたPVでは、結末につながる重要な場面が盛り込まれていて、私個人はこの映像だけでも泣けてきます。

「あなたは十二支のみなさんの何?」

慊人「ぼくは神に等しい存在。いつまでも変わることなく」

「それは本当に」

慊人「幸せな未来」

「幸せですか?」

慊人「不変」

「不変であることが」

草摩の別荘で夏を過ごしていた草摩の人々と透。

慊人が本家に戻る前に透に会うために立ち寄ったときの会話。

 

依鈴「教えて、十二支の呪いを解く方法」

紫呉「必死だね、潑春のために」

依鈴(リン)が紫呉なら呪いを解く方法を知っていると思い、お願いするシーン

 

潑春「おれ、何にもわかってなかったのか?」

潑春を遠ざけようと拒絶する依鈴(リン)にそれなら死んだっていいと言い、その後依鈴を抱きしめた後ノシーン

 

「真知はまだ自由じゃないのかもしれない」

 

「うおちゃん、お会いしたがっています」

紅野「会うつもりは・・・ない」

親友のうおちゃんのために透が紅野に会いにいったシーン

 

「いつか突き放されてしまうのだろうか?私・・・も」

慊人(幽閉・・・だよ)

「あと、少ししかないんだ」

猫憑きがいつか幽閉されてしまうと思い悩む夾・・・

 

綾女「どれほど大切なものを踏み荒らし生きてきたか気づかずにいる」

由希の保護者面談に乗り込んで母親に対して声を荒げるシーン

 

由希「立ち上がれないんだ。自分ひとりの力では・・・」

 

慊人「お前のドス黒さは潑春をくいつぶすよ。お前・・・いらない」

慊人が依鈴(リン)を部屋から突き落とすシーン

 

紫呉「言っただろ、最低だって」

 

「胸がいたい・・・ちぎれそう・・・叶わない願いもあることを知っているから?」

 

由希「おれが彼女に求めていたのは・・・」

 

「それでも願いを」

「どうした?」

夾くんの願いって何ですか?

誰かさんが泣き止んでくれること

「はい!願いを」

紅葉に会って、紅野に会って、ボロボロの気持ちで帰ってきた透が屋根の上にいるところに夾があがってきて話しかけるシーン
りんりん

各シーンについて、付け加え、思い違い、訂正などあればどんどんコメントくださいね

まとめ

今回は「フルーツバスケット|アニメの結末は?原作からネタバレであらすじ紹介」と題してご紹介してきました。

 

フルバの物語前半は、楽しく愉快な雰囲気がところどころにちりばめられているのですが、物語後半になるとぐんと深刻な描写や悩み、哀しみなど重たい雰囲気が増えてきます。

 

明るく笑っているだけだったキャラひとりひとりが自分の呪いと人生に向き合って答えを出して行こうとします。

 

中盤重くて、苦しくて、切なくて、もう見たくないと思いながらも最後まで見て初めてよかった、本当によかった!と思える作品です。

 

アニメも何度も繰り返し見てはそのたびに感動も深まりそうです。

 

「フルーツバスケット」のアニメもマンガも思いっきり楽しみましょう!
↓↓↓
アニメ大好きなあなたにおすすめの動画配信サービス3選!

原作漫画を無料で読みたいあなたはこちらの記事をどうぞ!
↓↓↓
フルーツバスケット漫画を全話無料で読む方法は?おすすめ2選を比較

Sponsored Links